せりなずな 御形はこべら 仏の座 すずなすずしろ

0

    おはようございます!

    今日も赤尾店がお送りします。

     

    タイトルでお分かりかと思いますが、今日は七草粥の話を・・・

     

    七草粥とは
    人日の節句(1月7日)の朝に食べられている日本の行事食(料理)です。

    春の七草や餅などを具材とする塩味のお粥で、その一年の無病息災を願って食べられるそうです。

    正月の祝膳や祝酒で弱った胃を休める意味もあるみたいですよ〜

     

    さて、七草粥に入れる春の七草ですが、昔は前日までに七草を集めておき、

    6日の夜に歌いながら細かくしたものを、7日の朝にお粥に入れていたそうです。

    地域によっては七草が採れないところもあったので、ありあわせの青菜を入れることもあったとか・・・

    九州の一部では鶏肉も入れるそうです。美味しそうですね!

     

    さて、現代ならやまひこで春の七草パックが買えますよ!

     

    小さいすずな(かぶ)とすずしろ(大根)がなんだかかわいいですね!

    皆様も「今年も家族みんなが元気で暮らせますように」と願いながら、

    伝統的な行事食を召し上がってみては?

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.03.22 Friday
      • -
      • 09:11
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク


      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << March 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      PR